読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aichikenminの書斎

20代サラリーマンが、読んだ本と、心に残った言葉、その時考えたことを徒然なるままに書き留めたもの(金融、理系、工学、航空機、読書)

【読書】Τになるまで待って/森博嗣 真実とは存在するのか?

森博嗣のΤになるまで待って。一風変わった洋館で事件は起こる。真実を探しに駆け回る。だが、真実とは何だろうか。謎が謎を呼ぶ。

【読書】シータは遊んでくれたよ/森博嗣 私的な指摘さえも詩的。時に魔的。不敵に知的、無敵で素敵。

森博嗣のシータは遊んでくれたよ。ギリシャ文字シータにまつわる連続殺人事件が発生。いつもの彼らが駆け回る、そして暴かれる真実と黒幕。

【読書】Φは壊れたね/森博嗣 真実とは、決して完全に目の前に姿を現すことはないのだから

森博嗣のΦは壊れたね。森博嗣のGシリーズ。その死体は、密室の中でY字の形につられていた。密室の謎解きであることはもちろん、密室という概念をも解き明かす。

【読書】デボラ、眠っているのか? /森博嗣 ざっと百年といったところか

森博嗣のデボラ、眠っているのか? 古い修道院でスーパーコンピューターが発見された。この世界はどこへ行くのか。 ウォーカロンが人間らしい感情を持つまで、あと百年か。

【読書】風は青海を渡るのか?/森博嗣 人間が作り出した知性はやがて人間になろうとする

森博嗣の風は青海を渡るのか?。森博嗣のWシリーズ3作品目。人間の未来はどこに行くのか。ウォーカロンが行き着く先はどこであろうか。

【読書】魔法の色を知っているか?/森博嗣 人間は、どこで間違えたのでしょうか?

森博嗣の魔法の色を知っているか?。驚くほどの現実味を帯びて投げかけられる本作。未来はこのようになるのだろうか。そして人間はどこで間違えたのだろうか。

【読書】彼女は一人で歩くのか?/森博嗣 人間の勘を数式化したものが、僕の研究成果

森博嗣の彼女は一人で歩くのか?。人間とウォーカロンが共存する世界を描く新シリーズ。人間とウォーカロンを識別する手法を研究するハギリが命を狙われる。