読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aichikenminの書斎

20代サラリーマンが、読んだ本と、心に残った言葉、その時考えたことを徒然なるままに書き留めたもの(金融、理系、工学、航空機、読書)

【作品リスト】勧善懲悪、正義の在り方を示す作家、池井戸潤

半沢直樹シリーズに代表される池井戸潤。彼の小説は正義、そしてそれを貫き通すことの大切さを教えてくれる。何かに悩んだ時、力をもらえるかもしれない。

【読書】民王/池井戸潤 政治とは何かを正面から問う小説

池井戸潤の民王。池井戸潤が政治の世界に切り込む作品。青臭い信念を貫き通すことがいかに難しいか。そして貫き通すことの美しさを知る一冊。

【読書】ようこそ、わが家へ/池井戸潤 弱い主人公の頑張りから、勇気をもらえる

池井戸潤のようこそ、わが家へ。池井戸潤史上、一番弱い主人公かもしれない倉田。弱いながらも必死に頑張り、家族を守る姿に感動と勇気をもらえる

【読書】銀行総務特命/池井戸潤 ドラマ、花咲舞が黙ってないの原作

池井戸潤の銀行総務特命。勧善懲悪のすっきりとした物語である一方、銀行の組織や人間に問いかけを放つ。社会に、もう一度考える心を。

【読書】七つの会議/池井戸潤 仕事をするのは何のためか?ノルマを達成することが目的か?

池井戸潤の七つの会議。半沢直樹、下町ロケットで大人気の池井戸潤。今度は中堅メーカーの中に潜む問題を描く。

【読書】空飛ぶタイヤ/池井戸潤 大企業に立ち向かう勧善懲悪の企業小説

池井戸潤の空飛ぶタイヤ。下町ロケットで有名な池井戸潤。今回は自動車会社のリコールが主題。大企業に立ち向かう熱い男たちに憧れる一冊。

【読書】下町ロケット2 ガウディ計画/池井戸潤 ロケットの次は医療機器に

池井戸潤の下町ロケット2 ガウディ計画。ロケットの次は医療機器に。読むとスカッとする社会人向けの本。