読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aichikenminの書斎

20代サラリーマンが、読んだ本と、心に残った言葉、その時考えたことを徒然なるままに書き留めたもの(金融、理系、工学、航空機、読書)

【読書】インフェルノ(上巻)/ダンブラウン ダ・ヴィンチの次はダンテ

ラングドン教授が再び駆け回る

インフェルノ(上) (角川文庫)

新品価格
¥734から

ダヴィンチコードで有名となったダンブラウン。
またも主役はラングドン教授。
インフェルノ、それはダンテの神曲を題材にした物語。
 
物語は、ラングドンが目を覚ましたところから始まる。
そこは病院の一室であった。
彼は記憶を無くしていた。
病院の医師、シエナの助けを借り、彼は徐々に自分の記憶をたどる。
なんと彼の頭には銃創があった。
彼は誰かに命を狙われていたようだ。
 
病院にも追っては現れる。
シエナの同僚はその犠牲となってしまった。
シエナと共に、彼は記憶を無くした数日の間に、自分が何をしていたのかを探し始める。
どうやらそれには、ダンテの神曲が関係しているらしい。
 
彼のコートの中には化学兵器の模様を描かれたカプセルが入っていた。
それに導かれ、過去の自分の行動を追い、世界を救うために再び走り出す。
彼を阻むものは大機構という名の巨大な組織。
警察政府と同等の敵が相手だ。
 
ダ・ヴィンチ・コードと同じぐらい、いやそれ以上かもしれない。
歴史とミステリーの合わせ技、本作もまた興味深い。

行き過ぎた正義感は視野を狭め、凶行に走らせた

「私は君達の救済者だ。私は影だ」
ラングドンの命を狙っていると思われる犯人の残したメッセージ。
犯人は地球を救おうとしている。
その方法は何なのか。
その根拠は何なのか。
そもそも犯人は誰なのか。
怪しげな組織に依頼をし、犯人はどうやら身を投げて自殺した模様。
世界を救う、それは己の自己満足とも言える。
彼にラングドンは立ち向かわなければならない。
 

 

敵は誰か、味方は誰か

アメリカ合衆国政府があなたの元へ殺し屋を差し向けたのよ」
ラングドンはアメリカ政府にも狙われてしまう。
それは何が原因なのか。
誰が、どういった思惑のもとに動いているのか。
彼の周りは彼が思っている以上に複雑に絡み合っている。
 

論理と感情の両方を持ち続けなければ

「 世界の人口はどれくらいが理想なのか。人類が永続的にそれもかなり快適に生きられる魔法の数値は」
本作の犯人は人類に対して救いを与えようとしている。
その方法は何なのか。
彼の、この言葉からうかがい知ることができる。
統計学的に人類の専攻は40億人というのが最も理想的らしい。
それに対して今の人口はどうか。
いささか増えすぎてはいないだろうか。
彼の論理は非常に簡単。
増えすぎたのなら減らす。
酷く急進的であり恐ろしい。
 

「 地獄の最も暗きところは 倫理の危機にあっても 中立を標榜する者たち のために用意されている」

 

関連記事

aichikenmin-aichi.hatenablog.com

aichikenmin-aichi.hatenablog.com

aichikenmin-aichi.hatenablog.com