読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aichikenminの書斎

20代サラリーマンが、読んだ本と、心に残った言葉、その時考えたことを徒然なるままに書き留めたもの(金融、理系、工学、航空機、読書)

【読書】モダンタイムス/伊坂幸太郎 実家に忘れてきました。何を?勇気を。

世界の仕組みを知る勇気はあるか

モダンタイムス(上) (講談社文庫)

新品価格
¥637から

インターネットが普及し、分からないことは直ぐに検索出来るようになった現代。

逆にいえば、過度に検索に依存するようになった。

何かを調べようと思えば、検索をする。

 

その検索から、監視が始まる。

魔王から50年後の世界

世界の仕組みを知る勇気はあるか。

 

 

巨大な権力と巻き込まれ立ち向かう個人の話。

ファンタジーっぽく聞こえるが、極めて現実感にあふれている

 

 

世界を構成する何か

「危険思想とは常識を実行に移そうとする思想である」

社会は常識と法律によって構成されている。

常識よりも法律が先行してしまっては、いろいろと破綻してしまう。

何のための法律か、見定める力が求められる

 

「自分たちのはめ込まれているシステムが複雑化して、さらにその効果が巨大になると、人からは全体を想像する力が見事に消える」

大きくなるが故に見えなくなるもの。

本来の目的を見失ってしまうもの。

組織は、システムは、何のために生まれ、何のために大きくなるのか

 

「資本主義では、社会を動かすのは、道義とか倫理ではなくて、欲望と利益だっていう原則を見失っていたんだ」

すべてが資本主義に基づいて動いてしまえば、利益が出ないもの、見合わないものは全て切り捨てられる。

逆に言えば、メリットさえあれば動かすことができるのが資本主義の世界。

いい点、悪い点、重なりあっている。

 

忘れてはならない大切なこと

「大事なルールほど、法律では決まってないのよ」

本当に大事なものとは何か。

法律がすべて、ルールがすべて、そんな考え方をするのはロボットと同じ

考えろ考えろ、安藤が訴えかける。

 

「二度と会えないことほどやり切れないものはないよ」

別れは辛い。

当たり前だと思っていた現実が崩れ落ちる。

別れてから気づくこと、後悔することのないように。

会っている時間を大切にする。

時間は有限で、突然別れはやってくるものだ。

モダンタイムス(下) (講談社文庫)

新品価格
¥745から

 

関連記事

aichikenmin-aichi.hatenablog.com

aichikenmin-aichi.hatenablog.com

aichikenmin-aichi.hatenablog.com