読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aichikenminの書斎

20代サラリーマンが、読んだ本と、心に残った言葉、その時考えたことを徒然なるままに書き留めたもの(金融、理系、工学、航空機、読書)

【読書】半島を出よ(下巻)/村上龍 多数派にいることで考えなくなった日本人へ

はぐれもの達だから行動ができる、考えることができる

半島を出よ〈下〉 (幻冬舎文庫)

新品価格
¥530から

襲来した反乱軍により占拠された福岡。
日本政府はさらなるテロに怯える。
そして福岡を封鎖する。
あっという間に九州は反乱軍の占領下となってしまった。
福岡に住む日本人は逮捕され、拷問され、粛清される。
白昼の銃撃戦が起こったり、絶望が渦巻く世界となってしまった。

 

そんな中、抵抗する人間たちが現れた。
それは日本政府でも、自衛隊でも、SATでもない。
住民コードもないホームレスのような若者たちであった。
彼らが圧倒的な戦力を持つ反乱軍に対し、どのように戦いを挑むのか。
そして自由は得られるのだろうか。
多数派の中にいて抵抗することを忘れてしまった日本人と、その外側から俯瞰してみた人間達がとる行動は全く違う。
そしてどちらが正しいのか。
それはこの本を読んで見れば読者に対し、おのずと与えられるものではないだろうか。
続きを読む

【読書】半島を出よ(上巻)/村上龍 北朝鮮に支配された福岡、日本人は何ができるか

危うい、瀬戸際に立っている日本という国家

半島を出よ〈上〉 (幻冬舎文庫)

新品価格
¥450から

2011年春、9人の北朝鮮の武装兵士が福岡ドームを占拠した。

さらにその後500名にもなる特殊部隊が来襲し、福岡市の中心部を制圧した。
彼らは北朝鮮の反乱軍を名乗った。
どう対処したらいいのか、途方に暮れる日本政府。
頼みの綱のアメリカも、そして近隣諸国も手を出そうとはしない。
そんな中、誰が立ち上がれるのだろうか。

 

限りなく現実感のある、日本の未来を描く小説。
国際的に孤立を深めた結果、日本はどうなるのか。
危機感のない日本人に、平和のありがたさと今の足元の不安定さを思い出させる。
手に汗握る、と言うか冷や汗をかかせる、そんな小説かもしれない。
続きを読む

【読書】SOSの猿/伊坂幸太郎 悪魔祓いをしたら孫悟空が出てきたのだが

現実世界に、孫悟空

SOSの猿 (中公文庫)

新品価格
¥679から

300億円の損害を出した株の誤発注事件。
それを調べるように言われた男。
そして引きこもりを悪魔祓いで治そうとする男。
彼ら二人の物語と言いたいところだが、実は主役がもう一人。
それは孫悟空だ。

 

西遊記に出てくる孫悟空
彼が登場する本作品は、現実世界に孫悟空という極めて空想の香りが漂う登場人物が混じっている。
一言で言うと不思議な世界。
だが伊坂幸太郎の手にかかれば、それは当たり前のように書かれてしまう。
そこに孫悟空がいる不自然さなどほとんどない。
彼らが織りなす物語は、世界を平和にするのか楽しくするのか。
本当に悪いのは誰だろう、誰かを救いたいという思いが人を動かす。
その美しさを見せてくれる1冊だ。
続きを読む