読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aichikenminの書斎

20代サラリーマンが、読んだ本と、心に残った言葉、その時考えたことを徒然なるままに書き留めたもの(金融、理系、工学、航空機、読書、東京住み)

【読書】死神の浮力/伊坂幸太郎 死神が人間たちに正論を説く。大真面目に。

名言 小説 小説-伊坂幸太郎 社会

主人公は死神、儚い人間ではない

死神の浮力 (文春文庫)

新品価格
¥842から

娘を殺された作家夫妻は犯人に対する憎しみを抱いている。

 

犯人は無罪判決を受けてしまった。

彼らは復讐を計画していた。

 

そんな中、彼らの前に死神が現れた。

死神は名前を千葉という。

 

千葉は人間を7日間調査し、その人間が死んで問題ないかどうかをチェックする仕事をしている。

死神の調査だ。

 

夫妻が復讐を計画している間、千葉は彼らと行動を共にする。

だが、犯人は復讐されることを見越していた。

 

犯人はサイコパス、感情が欠如して他人を操ることに快感を覚える人間だった。

そこからサイコパス対死神という不思議な構図が出来上がる。

 

犯罪と復讐、そして死というものが重なって本作は構成されている。

ファンタジー成分がありながらも、深い社会性と死への考察が含まれている。

人間とはかくも儚い、そして尊いものであるか。

続きを読む

【読書】宇宙のあいさつ/星新一 地球とかいう星の住民たちの実態

名言 小説 社会

星新一ショートショート

宇宙のあいさつ (新潮文庫)

新品価格
¥680から

ショートショートというカテゴリを創った星新一

本作は宇宙成分が多く含まれた作品群。

 

宇宙人から見た地球人の振る舞い。

地球人から見た宇宙人の奇妙な点。

それらがチクリと刺さる風刺になっている。

 

文明が栄えすぎた地球。

その結果として滅びてしまったり、人間が人間らしく無くなっていたり。

逆にもっと栄えた宇宙人の文明に食い荒らされたり。

 

柔軟な発想とSFの殻を被った社会批判

こんなにおもしろいとは。

続きを読む

【読書】経済を身近に感じるためにオススメの10冊

オススメ 小説 社会

少しでも経済を身近に感じ、考えるきっかけになれば

ニュースを見ると経済の話題が多い。

だけれども、経済ってあまり学校では教えてもらえない。

実用的なことではあるものの、知識は足りない。

f:id:aichikenmin-aichi:20160717234213j:plain

 

そう感じたときに、何を読んだらいいんだろうか。

僕が読んだオススメを紹介する。

 

①経済を構成している企業

経済を構成しているのは市場。

市場は民間の企業により成り立っている。

株価というものがその一つ。

経済政策では株価の上げ下げで一喜一憂している姿が見られる。

だが、そもそも株価とはなんだろうか。

その本質は企業の価値である。

コーポレート・ファイナンス入門/砂川伸幸

経済の中でお金の流れを作る金融。
金融市場から調達する企業は何を考えているのか。
企業の価値とは企業から生まれる付加価値であり、それが株価に反映される。

aichikenmin-aichi.hatenablog.com

 

②経済はお金を稼ぐ人の集まり、それを資本主義という

資本主義の世界で、それに対して疑問を持つことは少ない。

世界を包んでいる原理について少し知ってみてもいいかもしれない。 

私たちはどこまで資本主義に従うのか/ヘンリー・ミンツバーグ

経済と資本主義はほぼイコールのように感じられるかもしれない。

しかし、資本主義はあくまで手段。

お金を稼ぐことを自由にしているのは、その根底にあるのは資本主義だ。

aichikenmin-aichi.hatenablog.com

続きを読む