読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aichikenminの書斎

20代サラリーマンが、読んだ本と、心に残った言葉、その時考えたことを徒然なるままに書き留めたもの(金融、理系、工学、航空機、読書)

【読書】殺人犯はそこにいる/清水潔 調査報道のバイブルと呼ばれた事件ノンフィクション

名言 社会

苦しみの中から絞り出される声を聞く

殺人犯はそこにいる: 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件

新品価格
¥1,728から

「真犯人が、今もどこかで平然と暮らしている」

隠蔽された事件を追うジャーナリストのノンフィクション物語。

とある企画で有名となっている本作。

分厚い、そしてなかなか手に取りづらいタイトルであるものの、

いざ読み始めると、ページをめくる手が止まらない。

 

10年以上も無実の罪で逮捕され、釈放された人がいる。

だが、その結果、真犯人は野放しである。

それはなぜか。

大きな力である検察が自分のミスを認められないから。

認めてしまうと不都合な真実が出てきてしまうから。

 

ジャーナリズムとは権力外のところを報道することである。

権力に屈するジャーナリズムに対する怒り。

そして小さな声を拾うことこそが、ジャーナリズムなのだ。

引き返せない原因は何なのか

「根拠と結論が逆転していたのだから」

操作を指揮していた幹部の発言は、容疑者が犯人であることが前提であった。

その容疑者がなぜ犯人なのかを問うているのに。

予定調和、既定路線。

過去の過ちが既に引き返せないところまで来ていた。

 

 

報道の力とはなんだろうか

「評価は不要。とは思うのだが、それでは日本は動かない」

報道とは、誰かが評価することで成立する。

それは、日本という国が周りの評価に左右されすぎているという現実。

くだらないけれども、そうでなければ日本に影響を与えることができない。

悲しいけれども、情報が増えすぎた今、人の目に触れなければどうしようもないのかもしれない。

 

「公権力と大きなメディアがくっつけば、こうも言いたい放題のことが世の中に蔓延していくのか」

警察の発言を担保にメディアは報道を続ける。

メディアが自分たちの責任を回避するとこうなってしまう。

名前を出さないマスメディアの恐ろしさを感じる。

 

科学的という言葉が無駄に使われる

「再検証もロクにできないような方法を科学的とか呼ぶな」

DNA鑑定の結果で疑われる容疑者。

その正しさを証明するための再検証ができない。

科学とは何なのか。

再現できなければただの嘘、もしくは偶然。

DNA鑑定の神話に踊らされ続けてしまった。

 

本来のジャーナリズムとは

「無罪になっても誰もが無実を信じるわけではないという現実」

冤罪であり、無実になった。

だが、世間はそう思ってはくれない。

捕まるのは何かしらの理由があるからだと。

個人と公権力、どっちが正しいと思うだろうか。

権力が報道されたくないことを報道する、それがジャーナリズム。

 

関連記事

aichikenmin-aichi.hatenablog.com

aichikenmin-aichi.hatenablog.com

aichikenmin-aichi.hatenablog.com