読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aichikenminの書斎

20代サラリーマンが、読んだ本と、心に残った言葉、その時考えたことを徒然なるままに書き留めたもの(金融、理系、工学、航空機、読書)

【読書】働く男/星野源 ワーカホリックから働きたくない人へ

多くの才能を持つ星野源、彼の仕事に対する価値観を知る

働く男 (文春文庫)

新品価格
¥529から


逃げ恥で大ブレイクした星野源
ミーハーな私は、ついつい読んでしまった。
 
星野源は音楽家であり、俳優であり、文筆家。
星野源は、昔、ワーカホリックであった。
働くことが楽しくて、やめられない、そんな生活をしていた。

 

だが、病気をして彼は変わった。
本作品も初版の帯にはこう書かれていた。
ハードすぎて過労死しようが僕には関係ありません。
病気の経験から彼は変わった。
働きたくない、と書くようになったのだ。
日本人はなぜ、こんなにも働くのだろう。
楽しそうに働いてる人はまだいい。
だがつまらなさそうにしている人間もいる。
いやいや働かされ、イライラを募らせ、人生に疲れて・・・。
それこそ不幸の世界だ。
ディストピアと言ってもいいんじゃないか。
楽しいことを楽しくやる。
それに対して彼はとても前向きだ。
楽しいものをやって、お金をもらえる。
それが一番いい。
楽しいことを仕事にしよう。

人間の力は限りある 

「 僕は音楽で世界は変えられないと思っている」
彼はとても現実的だ。
でも彼はこうも言う。
一人の人間は変えられる。
音楽が一人の人間の力になりさえすればそれでいい。
多くは望まない。
そのスタイル好感が持てる。
 

やりたいことをやれない人は多い

「 周りはどうでもいいから本当にこれがやりたいんだ」
これを貫き通すことがいかに難しいか。
人に否定され、才能に負けることもある。
難しい、本当に難しい。
少なくとも、自分を貫き通す人を、否定することだけはしたくない。
皆がそう思えば、もう少しだけ日本に笑顔が増えるのではないだろうか。
 

 

自分の枠を職業に縛られてはならない

「 みんな職種に囚われすぎているんじゃないかって」
星野源と又吉の対談。
不思議なふたり、才能の塊の二人。
自分のやりたいことを貫いている二人。
そういう人間に憧れを持つ。
 

関連記事