読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aichikenminの書斎

20代サラリーマンが、読んだ本と、心に残った言葉、その時考えたことを徒然なるままに書き留めたもの(金融、理系、工学、航空機、読書)

【読書】新参者/東野圭吾 下町の人々のつながりを描く

名言 小説 小説-東野圭吾

下町の人々のつながりを描くストーリー

人が集まって街ができている、そこに一人の刑事が入っていく。

現代であまり見られなくなった光景が広がっていた。

 

「大丈夫。いいものは残っていきます」

本当にいいものというのは、世間の評価や風評に左右されても根本は揺るがない。
不確かな株とは違って「もの」はそこに実在する。
自分の目で、いいものかどうかを判断できる、そんな人が増えてほしいし、自分もそうなりたい。

 

「ばらばらの方向を向いているようでも、じつは一本の軸で繋がっているんだ」

そんな家族、集団というものに憧れる。
人が多くなればなるほど、繋がりは希薄になりがちだが、芯では繋がる。
そんな組織や会社が強いのだろう。

 

「事件によって心が傷付けられた人がいるのなら、その人だって被害者だ。
そういう被害者を救う手だてを探しだすのも、刑事の役目です」

自分の仕事に誇りを持っているからこそ言えるセリフだ。
仕事の範囲を広く、思いをもっているからこそいい仕事になるのだ。

 

「(子供というのは)自分の力だけで大きくなったように勘違いしている」

この言葉はしっかりと頭のなかに入れておきたい。
いつまでたっても親に頭は上がらない。

 

新参者 [ 東野圭吾 ]

価格:756円
(2015/12/17 22:15時点)