読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aichikenminの書斎

20代サラリーマンが、読んだ本と、心に残った言葉、その時考えたことを徒然なるままに書き留めたもの(金融、理系、工学、航空機、読書)

【読書】罪の声/塩田武士 未解決事件の犯行声明に子供の頃の自分の声が使われていた

塩田武士の罪の声。昭和の未解決事件、グリコ森永事件、犯行には子供の声が使われた。犯罪に巻き込まれることにより、人生が変わってしまう。

【読書】人工知能/Harvard Business Review 世界の知を結集した最先端の論文集③

Harvard Business Reviewの人工知能③。人工知能はテクノロジーが生み出した産物。その産物をどのように使うかは人間次第であり、人間が自らの幸せのために使い方を決めるのだ。

【読書】人工知能/Harvard Business Review 世界の知を結集した最先端の論文集②

Harvard Business Reviewの人工知能②。人工知能により何が生まれるのか。企業はどう変わるのか、働き方はどう変わるのか。

【読書】人工知能/Harvard Business Review①

Harvard Business Reviewがまとめる人工知能の特集①。人工知能を徒に恐れるのではなく、それにより何ができて、何ができないのかを理解することから始めるべきだ。

【読書】人口と日本経済/吉川洋 人口が減り日本経済はどうなるのか

吉川洋の人口と日本経済。人口減少により日本経済は衰退するのだろうか。日本の未来は明るいのだろうか。人口が減少するのであれば成長を止めてはいけないのだろうか。

【読書】怪人二十面相/江戸川乱歩 少年探偵団はコナンじゃない

江戸川乱歩の怪人二十面相。明智小五郎と怪人二十面相の戦い。心理戦、騙し合い、非常に多くの魅力がつまっている。ミステリの原点とも言える一冊。興奮は時が経っても覚めることはない。

【読書】鏡の花/道尾秀介 ほんの小さなことで、世界は変わる。

道尾秀介の鏡の花。少しの、ほんの少しのことで世界は変わってしまうのだ。ボタンの掛け違いがいつの間にか、愕然としてしまうような違いになっているかもしれない。

【読書】眼球堂の殺人/周木律 森博嗣を彷彿とさせる理系ミステリ

周木律の眼球堂の殺人。森博嗣のS&Mシリーズを彷彿とさせる主人公たち。理系ならではの変人ぷりとそれに引き寄せられる事件たち。彼らが時々、至極まっとうなことを言うから素敵だ。

【読書】未来から選ばれる働き方/神田昌典・若山洋一 会社の仕組みも変わるのが自然

神田昌典・若山洋一の未来から選ばれる働き方。世界の変わり目になっているのかもしれない今。我々の働き方を変える必要も出てくるかもしれない。そのための一冊。

【読書】これは経費で落ちません/青木祐子 だいたいの社員は入社するとすこしずつずるくなる

青木祐子のこれは経費で落ちません。経理の仕事をしている総務の女性。彼女にくる領収書から人間模様が見えてくる。

【読書】スリーパー/楡周平 本当の恐怖がこの社会を見舞うのはそれからだ

楡周平のスリーパー。スパイ小説、それも極めて現実感のある物語。日本が世界からどう見られているか、そして無力なのか。日本の行く末を思い描きながら。

【読書】技術の進歩に取り残されないために。科学技術に親しみを持てるオススメの十冊ほど

科学技術関連のオススメ10冊と少々。科学技術の目覚ましい進歩に対して、我々はどこまで理解できているか。まずは身近な小説から入って、興味を持つことから始めてみよう。

【読書】月物語/西尾維新 100%趣味で書かれた将説です

西尾維新の月物語。3月のライオン12巻の特典。桐山零と羽川翼、二人の天才がぶつかりあう。言葉遊びの美しさはここにあるのかと。

【読書】問題は英国ではない、EUなのだ/エマニュエル・トッド 21世紀の新・国家論と題した本作

エマニュエル・トッドの問題は英国ではない、EUなのだ。英国のEU離脱に関して本当に危ういのは何か、著者は指摘する。データに基づく彼の予言を、叡智を知る。

【読書】Qrosの女/誉田哲也 正体不明のCM美女

誉田哲也のQrosの女。謎に包まれたCM美女。世間はそれを探している。マスコミもベールを剥がそうと躍起になる。それにより何が起こるか。不特定多数に襲われる怖さ。

【読書】ハドソン川の奇跡/C.サレンバーガー ハドソン川に飛行機が緊急着水したUSエアウェイズ1549便

C.サレンバーガーのハドソン川の奇跡。緊急着水したあの飛行機のパイロットが記す自伝。自分がなぜそこまでできたのか。仕事に対するプライドと矜持を知る。

【読書】民王/池井戸潤 政治とは何かを正面から問う小説

池井戸潤の民王。池井戸潤が政治の世界に切り込む作品。青臭い信念を貫き通すことがいかに難しいか。そして貫き通すことの美しさを知る一冊。

【読書】祈りの幕が下りる時/東野圭吾 悲しくも強い親子の物語

東野圭吾の祈りの幕が下りる時。加賀恭一郎シリーズ。加賀のルーツが事件に関わる。彼の母親が残したメモと同じものが事件現場で見つかった。彼の母親の足跡をたどる。

【読書】ハーモニー/伊藤計劃 理想郷に倦んだ少女は、世界を終わらせようとする。

伊藤計劃のハーモニー。健康管理を外部に任せていきる大規模な福祉厚生社会が舞台。人間にできる選択というものが限りなく小さくなったことに対し、少女は憂う。

【読書】君の名は。/新海誠 私は、僕は、だれかひとりを、ひとりだけを、探している

新海誠の君の名は。話題になった映画、小説バージョン。小説ならではの面白さ、視点の深掘りができる一冊。映画と小説どちらも甲乙つけがたい。

【読書】患者は知らない医者の真実/野田一成 元NHK記者から医者になった著者が語る

野田一成の患者は知らない医者の真実。元NHK記者の医者が内情を書く。お互いの信頼関係が重要視される世界で、何故すれ違いが生じるのか。相互理解を進めるための一冊。

【読書】ようこそ、わが家へ/池井戸潤 弱い主人公の頑張りから、勇気をもらえる

池井戸潤のようこそ、わが家へ。池井戸潤史上、一番弱い主人公かもしれない倉田。弱いながらも必死に頑張り、家族を守る姿に感動と勇気をもらえる

【読書】ちょっと今から仕事やめてくる/北川恵海 働く人たちに向けた優しい物語

北川恵海のちょっと今から仕事やめてくる。ブラック企業につとめるサラリーマンが自殺前に助けられ、立ち直っていく物語。優しさの塊。

【読書】世界が絶賛する「メイド・バイ・ジャパン」/川口盛之助 日本に誇りを持て

川口盛之助の世界が絶賛する「メイド・バイ・ジャパン」。天然資源を持たない日本が生き残るためにどうすればいいのか。日本の魅力を考える。

【読書】何もかも憂鬱な夜に/中村文則 犯罪と死刑、そして生と死

中村文則の何もかも憂鬱な夜に。主人公は刑務官。彼は自分が担当している未決囚の中に、何かしら自分に似たところを見つける。生々しい感情が見え隠れする一冊。

【読書】ONE 猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子/内藤了 捜査に先入観は禁物だ

内藤了とONE 猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子。ZEROを前編、ONEを後編とする物語。狙われる比奈子とZEROがONEになる瞬間がここにある。

【読書】言ってはいけない/橘玲 不愉快な現実を書いた一冊

橘玲の言ってはいけない。何が不愉快か、それは遺伝、見た目、教育に関するデータたちだ。客観的にみた統計の話。

【読書】美人薄命/深水黎一郎 老婆は笑顔で言う、美人薄命と

深水黎一郎の美人薄命。ボランティアを通して出会った老婆と大学生。二人の触れ合いは老婆の昔の思い出を呼び起こす。そしてその中に込められた思いが明らかに。

【読書】ZERO 猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子/内藤了 どうか彼を救ってください、ZEROからONEになる前に

内藤了のZERO 猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子。藤堂シリーズ第5作。今回は第二作で登場した犯人と、それに憧れを抱く新たな人間が登場する。何が人を悪の道に引きずり込むのか。

【読書】LEAK 猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子/内藤了 事件の背景にある大きな闇を見つめて

内藤了のLEAK 猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子。人の闇を知る。理由を知る。原因を知る。何を訴えかけたいのか、何を求めているのか。

【読書】約束の海/山崎豊子 山崎豊子の絶筆

山崎豊子の約束の海。彼女の思いがつまった戦争と自衛官の物語。日本にとって他人事ではない、そして目を背けてはいけない現状に対して警鐘を鳴らす。

【読書】AID 猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子/内藤了 汝が深淵を覗くとき、深淵もまた汝を覗き返している

内藤了のAID 猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子。シリーズ3作目、今度のテーマは自殺サイト。人が過ちを起こすのはいつだろうか、そしてきっかけは。

【読書】人工知能と経済の未来/井上智洋 汎用人工知能の普及の果てに訪れる世界は

井上智洋の人工知能と経済の未来。AIによって資本家と労働者の格差が広がる未来において必要になるのは、社会福祉たるBIである。

【読書】武器輸出と日本企業/望月衣塑子 日本はどのような国になっていくのだろうか

望月衣塑子の武器輸出と日本企業。武器を輸出すること、それは戦争が増えれば儲かるという市場に手を出すこと。果たして平和主義を標榜している日本に馴染むのか。

【読書】CUT 猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子/内藤了 ただのホラーではない

内藤了のCUT 猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子。藤堂シリーズ第二作。幽霊屋敷にて見つかる死体。完璧主義者の犯人に立ち向かう。

【読書】この闇と光/服部まゆみ 世界は自分の裡にあるのか、外にあるのか

服部まゆみのこの闇と光。どんでん返しが好きな人には間違いなくはまる一冊。ネタバレは厳禁だ。

【読書】ON 猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子/内藤了 善光寺名物八幡屋礒五郎の七味唐からしです

内藤了のON 猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子。ドラマの原作である。ホラーカテゴリではあるが、近未来ミステリのような現実感あふれる作品。単純なホラーを超えた、メッセージが描かれている。

【読書】はじめての構造主義/橋爪大三郎 現代思想を代表する構造主義

橋爪大三郎のはじめての構造主義。現代思想を代表する構造主義を分かりやすく教えてくれる一冊。物事の表象ではなく、その裏側にあるものを探しに。

【読書】HAB 新潟/Human And Bookstore 本屋の未来を考える

Human And BookstoreのHAB 新潟。これからの本屋を考える人々。魅力的な本屋とはなんだろうか。ただ本を売るだけでなく、場を、空間を作る。

【読書】スタフ/道尾秀介 人々の寂しさ、言葉にできない何か

道尾秀介のスタフ。移動デリを営む夏都は、誘拐事件に巻き込まれる。その事件は関係者それぞれの異なる思いが混ざり合っていた。ドライな人間関係の中で求めるものはなんだろうか。

【読書】はなとゆめ/冲方丁 枕草子ではなく、清少納言本人の物語

冲方丁のはなとゆめ。文書を書いた人間の背景がわかってこそ、その本質を理解できる。清少納言はどのような思いをこめて枕草子を書いたのか。

【読書】ゴジラとエヴァンゲリオン/長山靖生 予定調和のゴジラと破滅の度合いを強めるエヴァ

長山靖生のゴジラとエヴァンゲリオン。予定調和のゴジラと破滅の度合いを強めるエヴァ。これら二つは戦争というテーマのもとに類似点が散見される。

【読書】仕事は楽しいかね?/デイル・ドーテン この質問にどう応えますか?

デイル・ドーテンの仕事は楽しいかね?。社会人にとっては耳の痛いセリフかもしれない。日々の仕事、すべて楽しいと言える人は少ないのではないだろうか。どうしたら楽しむことができるのか。

【読書】池袋カジノ特区/古野まほろ UNOで7億円取り返す話

古野まほろの池袋カジノ特区。池袋がカジノに支配された街になった。そこで7億円を取り戻す。その方法はUNO。

【読書】プラネタリウム男/大平貴之 諦めないことの大切さを学ぶ

大平貴之のプラネタリウム男。会社に勤めるかたわら、プラネタリウムを作った男の物語。昔からの夢を追いかけ、諦めずに、辿り着いた男の物語。

【読書】コンビニ人間/村田沙耶香 コンビニこそが、私を世界の正常な部品にしてくれる

村田沙耶香のコンビニ人間。コンビニを舞台にした芥川賞受賞作。マニュアルによって作り上げられた光の箱の中で、社会との繋がりを得る。

【読書】その女アレックス/ピエール・ルメートル 被害者不明の誘拐事件

ピエール・ルメートルのその女アレックス。純粋なサスペンスとおもいきや、途中から毛色が変わってくる。正義とはなんだろうか。

【読書】科学者と戦争/池内了 いかなる立場で科学研究を行なうのか

池内了の科学者と戦争。作ったものに対する責任を無条件に捨てることはできるのか。科学者は何のために研究を行なうのか。

【読書】きみはポラリス/三浦しをん 多様な関係性の中で人は恋をする

三浦しをんのきみはポラリス。本作は恋愛短編集。そして恋愛の形はそれぞれ。多様な関係性の中で人は何を感じるか、何を苦しむか、何に悩むか、そして何を楽しむか

【読書】クリーピー/前川裕 あの人、お父さんじゃありません

前川裕のクリーピー。少女がいう。「あの人、お父さんじゃありません」。隣に住んでいる人はだれだろうか。どれだけ知っているのだろうか。